ポリオはポリオウイルスによる感染症で、別名「小児麻痺(しょうにまひ)」とも呼ばれています。ポリオウイルスに感染しても多くの場合、目立った症状は現れず、大抵は風邪症状です。しかし、ごく稀に手足(四肢)に麻痺があらわれ、その麻痺が一生残ってしまったり、重症の場合は死亡することもあります。

残念ながらポリオには治療法がないため、現在のところワクチン接種が唯一の予防法になっています。これまでポリオの予防接種は生ワクチンといって、毒性を弱めた(弱毒化した)ポリオウイルスから製造されたものを口から飲むことで私たちは免疫を獲得してきました。

ところがこの生ワクチンには以前から問題点が指摘されていました。それは獲得される免疫力は強いのですが、ごく稀にポリオに感染してしまい、麻痺が出てしまう例が報告されていたのです。

そこで2012年9月1日より「不活化ポリオワクチン」が登場しました。これはポリオウイルスを無毒化して、免疫を獲得するために必要な成分だけを取り出してつくったものです。そのため「不活化ポリオワクチン」ではワクチン接種によって、生ワクチンの時のようにポリオが発症する心配はありません。

「不活化ポリオワクチン」は計4回接種で完了します。生後3ヵ月から開始し、1回目から3回目までは3〜8週間あけて行い、3回目終了後は6ヶ月あけて4回目を接種します。さらに2012年11月1日にはジフテリア、百日咳、破傷風に対する3種混合ワクチンにポリオを加えた「4種混合ワクチン」も登場し、大変便利となりました。

ポリオは予防接種の普及により、日本ではほとんどみられなくなくなりましたが、世界では依然発生している国があります。ということは、日本に今後もポリオが持ち込まれる可能性があるため、ポリオの予防接種を中止すると、再び日本でポリオが流行する危険性があります。

大切な子供たちをポリオから守るには、日本でもワクチンによる予防を継続していくことが必要です。当院では「不活化ポリオワクチン」(単独)、「4種混合ワクチン」のどちらでも接種可能です。まずはお電話にてご予約下さい。